2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近の記事
[最近書いた記事の一覧です]

4月科目試験結果 : 放送英語R・ ..
ウィルス関連の参考文献、そして ..
英語 I レポート [第1回] → ..
Eスク英語史:第1回課題 提出完 ..
火傷:その後
ちまきに驚く
Eスク哲学:第1回課題 提出完了 ..
無言の催促
「A History of the English Lan ..
Eスク 哲学
火傷
今更ながら、Readingの別の楽しみ ..
英語 II レポート[第2回・完] ..
Eスクーリング開始。
英語 II レポート[第1回] → ..
「Gon, the fox」(ごんぎつね)
夏期スクーリング日本史の問題: ..

過去ログ
[これまで書いた記事一覧]

2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 6月
2015年 3月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 2月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年 9月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月

高輪の作業場(通常版)へのリンク
※業務用ではない方の日記ページへのリンクです(^_^;)。

= 高輪の作業場(通常版)へ =
(2010年までの日記です)

当事務所のポータルサイト
お仕事概要などはこちらです。

= Creation Studio TWO-ONE =

 
今月の営業予定

2018年 1月6日

結局、
大晦日と正月は岐阜で過ごした。


クリスマスだった12月25日は、神奈川の家に戻っていた。
母親の介護保険のことや、区役所に福祉用具を返却しなくてはならなかったり、、、要するに母親の用事がたくさんあったからだ。

帰り着いた25日の夕食時、久しぶりの家で食べる夕食に何となくほっとしたのか、気が緩んだのか、気がついたら泣いていた。
やっぱりここって家なんだなあ。。。
もしこれまで何もなかったら、高輪はどこに出ることもなくこの家にずっといたんだろうか。
ふとそんなことを考えた。
いや、おそらく同じだったろう。
デザイン学校を出て、あの格闘技の出版社に編集者兼レイアウターとして勤める運命にあったなら、いずれ必ず「印刷データを通信で出力センターに送る」という事態になり、おのずと高輪がその通信環境を構築することになり、そのために導入した通信ソフトと、様々に関わったパソコン通信が縁で、やはり岐阜に転職することになっただろうから。
ただ、、、
本当に心を割って話し合える環境であったなら、『もうこの家には戻れないかも知れない』などという辛く重い気持ちではなく、もっと気楽に、理解を得られた状態でずっと岐阜にいられただろう、とは思う。。。
涙が出たのは、そんな思いもあってのこと、なんだろうか。

#ちなみに、「せっかくのクリスマス。せめてカップの小さいやつでもいいから、クリスマスケーキ、食べようかなあ、、、」とかなり悩んだが、結局買わなかった。ことごとく甘いものが苦手な高輪。かわりに、築地直営の店で購入した、金目鯛の炙りをいただいた(笑)。


翌12月26日には、母親が入所している施設に面会に行った。
しかし、行ってみたら、実はその前日に母親が施設内で流行したと思われる胃腸風邪にこっぴどくやられていたそうで、母親自身『これは家に戻れる状態では到底ない』と思っており、それ以前に、『明日(26日)に娘が面会に来ても、普通に起き出せる状態になっているだろうか』ということが心配だったようで。。。
インフルも流行っている時でもあり、暮れの寒い中を家まで移動させたり、無理をさせるわけにはいかないということで、今年は別々の正月ということで円満におさまったのだった。
少しほっとした。


そんなことで、
ある意味初めての、岐阜での年越し&正月。
岐阜には、帰省ラッシュが始まる前、27日中に戻った。
大掃除などを進めつつ、下呂の蕎麦屋さんで打ってもらった蕎麦(←車を飛ばして買いに行った)を、蕎麦湯とともに美味しくいただいての大晦日、そして、某所から購入したおせちに、大根、金時人参、里芋、正月菜、かまぼこを入れ、丁寧にとったあごの出汁で仕立てた手製の雑煮で正月を迎えた。

金華山の上に輝く元旦の太陽は、限りなくキラキラとキレイだった。

のどかな正月。


しかし、
やっぱり神奈川への行き来、そして多少頑張ってしまった大掃除などがたたったらしく、2日〜3日はぐったりとし、外に出られなかった。
心臓が、すこぶる良くないっぽい。
またここんとこ明け方が寒くなっているから、よけいにまずいんだなー。
でも、どうしても動かなければならない用事が諸々あり、身体をだましながら(?)何とか動き、そしてぐったりという繰り返し。まあ、仕方ない。
しばらくはこの調子でスローペースだろうが。。。
試験までには、何とかなってほしいカンジ。

15:00, Saturday, Jan 06, 2018 ¦ 固定リンク


 


ログイン
保存

最近のコメント

最近のトラックバック

携帯で読む
   URLを携帯に送る

※Read Only、プレーンテキストでの閲覧用です。
書き込み、コメントは出来ませんm(_ _)m。


本日   3
昨日   4
累計   14317

ブログCGI