リンク集: スーパーコピーブランド, グッチ服 スーパーコピー, フェンディコピー, シュプリーム ヴィトン コピー, ウブロコピー, ロレックスコピー, オメガ スーパーコピー, タグホイヤー スーパーコピー, シャネルJ12スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, オーデマピゲ スーパーコピー, パテックフィリップ スーパーコピー, ブレゲ スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, スーパーコピー時計, ロレックススーパーコピー, ウブロ時計スーパーコピー, カルティエ時計スーパーコピー, シャネルバッグスーパーコピー, エルメスバッグスーパーコピー, グッチバッグスーパーコピー, オメガ時計スーパーコピー, パネライ時計スーパーコピー スーパーコピー時計 スーパーコピー ロレックス スーパーコピー カルティエ 時計コピー ブルガリ スーパーコピー ウブロスーパーコピー フランクミュラースーパーコピー タグホイヤースーパーコピー パテック フィリップスーパーコピー シャネル時計 コピー オメガ コピー スーパーコピーブランド通販 スーパーコピー時計

記事一覧

コットンの木まで特定 究極のトレーサブル生地を伊シャツ地最大手が発表

ファイル 2-1.jpg

シャツ地イタリア最大手のアルビニ・グループ(ALBINI)は、ニュージーランドのオリテイン(ORITAIN)社と協業し、コットンの木からシャツ地になるまでの工程をすべてトレースできるオーガニックコットンシャツ地を「ミラノ・ウニカ(MILANO UNICA)」で発表した。12~14日に開催されるパリ「プルミエール・ヴィジョン(PREMIERE VISION)」でも展示される。

 これは科学的手法を用いて産地証明を提供するオリテイン社の技術を用いて、高級綿として知られるスーピマコットンの木を識別することができるというものだ。これにより、使用するコットンの木までを特定することができる。

 通常の綿花栽培は大量の水と化学肥料、農薬が必要とされ、環境負荷が高いと問題視されている。また、農家の人々の健康にも影響を与えている。

ステファノ・アルビニ(Stefano Albini)社長は、「透明な生産を証明できる。コットンには指紋のようなものがあり、土地や空気、水などどのような環境で育ったかもわかる。昨年11月から、ケリング(KERING)との取引が始まっている」と話す。

 アルビニ・グループはZDHC(有害化学物質排出ゼログループ)に属し、17年からはベターコットンイニシアチブ(BCI)と共に、サステイナブルコットンの開発を進めている。また、同社の工場は太陽光や水力、風力といったクリーンエネルギーでの発電を行っている。最新機械を導入し、染色時の水の使用量を30~40%削減し、排水は高レベルで浄水している。現在、水を用いないスプレー染色の開発にも取り組んでいる。

 アルビニ・グループの2018年度の売上高は、前期比3%増の1億5300万ユーロ(約189億7000万円)。よりサステイナブルな経営を目指すため、3000万ユーロ(約37億2000万円)を投じ、43人で構成するチームで、エネルギー効率の向上や新しい糸の研究、AI技術の開発を行っている。

ネックウォーマーの気軽に首元を暖めてくれる防寒アイテム

ファイル 1-1.jpgファイル 1-2.jpgファイル 1-3.jpgファイル 1-4.jpgファイル 1-5.jpg

寒い時期に首回りを暖かく保つ「ネックウォーマー」。マフラーやスヌードに比べてコーディネートがコンパクトに仕上がるので、普段使いはもちろんウィンタースポーツにもおすすめです。柄や色によって印象が異なるので、手持ちのアウターなどに合わせてぴったりのモノを選んでみてください。
ネックウォーマーに多く用いられる素材はフリースです。ポリエステル製であるフリースの特徴はなんといっても保温性が高いこと。また、軽量かつ速乾性に優れているので長時間つけていても肩が凝らず、お手入れも簡単です。
他にも、ネックウォーマーの素材には毛足の長いボアやファー、ニットなどが使われています。異素材をリバーシブルで使える製品もあり、コーディネートのバリエーションを増やすことも可能。普段使いなのか、ウィンタースポーツや登山で使うのかによって素材を選ぶのがおすすめです。
ネックウォーマーの色やデザインはバリエーションが豊富です。手持ちの服に合わせやすいアイテムを探している方は黒や白などのベーシックな色がおすすめ。コーディネートのアクセントとしてネックウォーマーを使いたい方は赤などの目立つ色のモノや、ニット・ファーなどの存在感のある素材を使用した製品がよいでしょう。
ウィンタースポーツなど、アクティブに体を動かす場合にもネックウォーマーは重宝します。マフラーやストールに比べて着崩れしにくくボリュームが少ないので、動きを妨げません。また、持ち歩く場合にもかさばりにくく、移動の荷物を最小限に抑えることが可能です。
素材は保温性が高く、汚れても手入れのしやすいフリースがおすすめ。デザインもスウェットのようにアジャスターで太さを調整できる製品が便利です。冷気が首元に当たりにくくなるので、登山やアウトドアなどでも暖かく過ごせます。
普段使いには比較的さまざまな素材・デザインのアイテムが使えます。ニットやファーなどは上品な雰囲気に、フリースはカジュアルな印象に仕上げることが可能です。電車移動の際など暑すぎる場合があるので、素材の厚さや保温力に注意して選びましょう。

最近発売されている製品の中には、ボタンやファスナーがついているモノや付け襟のように使えるアイテムなど、デザイン性に優れた製品が多くあります。普段使いの場合、手持ちのアイテムに合わせていくつかの種類を揃えておくのもおすすめです。
1968年設立の人気ブランド「ザ・ノース・フェイス」。アウトドア用品からアパレルまで幅広いラインナップを取り揃えています。「DO MORE WITH LESS=最小限のエネルギー・物質で、最大限の機能を引き出す」がモットー。ザ・ノース・フェイスのネックウォーマーはデザインやカラー展開が豊富なことがポイントです。
用途や服装に合わせてリバーシブルで使えるアイテム。防風性の高いソフトシェル素材と毛足が長めのフリース素材が表裏で使われています。ボタンがついているので、帽子やスポーツ用のヘルメットを着けている時も頭から被らずに付けられて便利。普段使いはもちろん、ウィンタースポーツをする方にもおすすめのネックウォーマーです。
毛足の長い「バーサテックスーパーロフト」を使用した製品です。高い保温性を保ちながらも、適度な通気性があるのでスポーツをする時なども温度調節がしやすいのが特徴。ドローコードを締めると、首元に冷気が入らないよう調整できます。完全に片側を閉じるとニットキャップ、ビーニーとしても使用可能。ひとつで何通りも楽しめるおすすめのネックウォーマーです。
毛足の長いフリース素材を使用した製品。パーカーのようにファスナーがついているのが特徴です。ファスナーを開け、留め具で前を留めると付け襟のように肩まわりまで暖かく保てます。3色を展開しており、アウターなどに合わせてチョイスが可能。着脱も楽なので普段使いはもちろん、ウィンタースポーツにもおすすめです。
高いフィット性を実現した中厚手のネックウォーマー。「ポーラテックパワーグリッド」素材を使用し、適度な通気性と保温性を兼ね備えています。生地にさほど厚みがないので、アウターやスポーツウェアと一緒に身に付けてもごわつかず便利です。また、小さく丸めて収納できるため、持ち運びも簡単。寒い時にはビーニーなどと併用して細かく温度調整ができるおすすめのアイテムです。
厳しい寒さの中でも普段使いやスポーツシーンで活躍する暖かいネックウォーマーです。体が発する遠赤外線エネルギーを利用して保温するハイテク繊維と光電子をミックスした「サーモライト」素材を使用。ストレッチ性の高い素材ながら立体的な形状を保持します。5色展開されているので、手持ちのアイテムに合わせて選びたい方におすすめです。
1996年に創業した比較的新しいブランド「アンダーアーマー」。アスリートがユニフォームの下に着た時に皮膚のように密着するアンダーウェアなどを開発し、その機能性の高さが評価されています。アンダーアーマーのネックウォーマーはスノーボードやスキーなどスポーツをする方におすすめです。
吸汗性に優れた「UAファブリック」に特殊なセラミックプリントを施した素材を採用。汗をかいてもすぐに水分を外部へ発散するので、体が冷えにくいことが特徴です。紫外線も90%カットするので、首まわりを日焼けからも守ります。撥水機能を備えているので雨や雪でも水分が侵入しづらく、ゴルフなど傘をさしにくい場面にもおすすめのアイテムです。
汗冷えを防ぐ「コールドギア」の生地を使用したネックウォーマー。汗を素早く吸収し外部へ発散するので体をドライに保ち、冷えから守ります。ひとつで2種類の表情が楽しめるリバーシブル仕様も特徴です。ウェアなどの色に合わせて使い回せて便利。生地に採用された「4ウェイストレッチ」により、さまざまな方向の動きに対応するので、屋外でのランニングやトレーニングにもおすすめです。
夜間のランニングにもおすすめできる視認性の高いリフレクター仕様のネックウォーマーです。色はネイビーとブラックの2種類を展開。汗を素早く吸収するので、運動中も体を汗による冷えから守ります。通気性に優れた生地とフリース生地が組み合わさっているので、冬のスポーツシーンでも快適さを保ちつつしっかりと保温することが可能です。
1975年にスタートした日本のアウトドアブランド「モンベル」。「機能美」と「軽量と迅速」をコンセプトに、高機能なアウトドア製品を展開しています。モンベルのネックウォーマーは着け心地や吸汗性にこだわって作られており、ウィンタースポーツをする方におすすめです。
登山やトレッキングなど厳しい寒さの中で便利な口・鼻まで覆うタイプのアイテム。吸汗性とストレッチ性に優れた中厚手の素材を使用し、首回りを広範囲に暖かく保ちます。口と鼻を覆う部分はパイル地を付けたネオプレンを使用しており、吸水しづらいことがポイント。結露や凍結を防いで快適に保ちます。前部分が長く作られており、ウェアとの間に隙間ができにくいことも魅力です。
1906年に創業した日本の老舗スポーツブランド「ミズノ」。世界中で支持を集める機能性の高いプロスポーツアイテムを展開しています。シンプルなデザインで高機能な製品が多いので、普段使いから本格的にスポーツをする方にもおすすめです。
シンプルなデザインのネックウォーマー。体から発せられる水分を吸収して発熱する「ブレスサーモ」を使用した製品です。冬場の運動時も湿気を吸収して衣服内を快適に保ちます。比較的幅が広く作られているので、首からアゴまでしっかりと保護することが可能。普段使いからスポーツ用まで広く使える製品を探している方におすすめです。
体が発する水分を吸収し、吸着熱を利用して衣服内の温度を上昇させる「ブレスサーモ」を使用したネックウォーマー。ボリュームのある生地はへたりにくく、しっかりと保温します。ドローコードで調整すれば外気の侵入を防いでより暖かく保つことが可能。カラー展開が豊富なので、他のアイテムに合わせて選びたい方におすすめの製品です。
カラフルな面とバイカラー面の2種類をリバーシブルで使えるネックウォーマー。コンパクトなので首元がもたつかず、スポーツをするときも快適です。よりフィットさせたいときはドローコードを引いて調整すれば冷気の侵入を防げます。カラーバリエーションが豊富なので好みに合わせて選べることもおすすめのポイントです。
アメリカのオレゴン州に本社を置く「ナイキ」。モードなアパレルからプロスポーツアイテムまで幅広く展開し、世界中で支持されています。ナイキのネックウォーマーは色や柄も多岐にわたり、さまざまなシーンで使えるおしゃれな製品を探している方におすすめです。
ドローコードを使って首元にフィットさせて使えるネックウォーマー。素材には「サーマスフィア」が使われており、暖かい空気を衣服内にためることで冬場も暖かく快適に過ごせます。上部に施されたロゴは視認性を高めるリフレクティブ仕様。夜間にランニングなどの運動をする方にもおすすめです。
他アイテムとの組み合わせを選ばずオールマイティに使えるスタンダードなネックウォーマー。柔らかなフリース素材を使用しており、熱を逃さず体を暖かく保ちます。首元のラインに合わせて緩やかに形状がカーブしており、程よいフィット感を実現。ウィンタースポーツにはもちろん、普段使いもできる汎用性の高い製品を探している方におすすめです。
首回りを広めに包み込むタイプのアイテム。上まで引き上げれば口や鼻、耳まで覆うことが可能です。保温性を保ちつつ、通気性に優れているので快適。鼻と口に触れる部分にはメッシュ素材を採用し、凍結や結露を防げます。冬の厳しい寒さの中でもスポーツやアウトドアを楽しみたい方におすすめのアイテムです。
ベージュのチェック柄パンツとブルゾンを合わせたスタイルにネックウォーマーを合わせ、スポーティな印象に仕上げたコーデです。あえてデニムやチノパンではなく、チェックのパンツを合わせることでカジュアルすぎない印象を演出。ネックウォーマーは黒をチョイスしたことで、柔らかい色味の帽子・パンツとの程よいバランスが取られています。
ナチュラルな印象のカーキや深いベージュを合わせたコーデ。ネックウォーマーのカーキが他のアイテムとバランスよくマッチしています。差し色として用いるなら、青や赤など鮮やか色に挑戦してみるのもおすすめです。アウターは紺のPコートなどと合わせるとトラッドで落ち着いた印象に仕上がります。
柄物のネックウォーマーでシンプルなスタイルにアクセントを加えたコーデ。トップスやパンツに柄物を用いるのはハードルが高いと思う方もネックウォーマーなら柄物を取り入れやすくなります。迷彩柄やストライプは合わせやすいので着回すことが可能。暖かい印象にしたい場合は、ノルディック柄などの冬らしい柄がおすすめです。
同系色の組み合わせを楽しむときはそれぞれのアイテムが持つ色味の違いや小物で遊ぶのがおすすめ。鮮やかな色のネックウォーマーを差し色として使うとよりメリハリのある印象になります。このコーデのポイントは紺と黒をレイヤーで使い、冬らしい落ち着いた印象を演出していることです。
ネックウォーマーの魅力は動きやすい上に、コーディネートがすっきりと仕上がることです。最近はスポーツミックスコーデの流行とも相まって、アウトドアブランドの製品が人気。ウィンタースポーツやランニングなどにはもちろん、ファッションアイテムとしても大活躍間違いなしのアイテムです。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ