2012年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最近の記事
[最近書いた記事の一覧です]

遅ればせながら。
面接。
圧迫骨折
謹賀新年。
年の瀬
10月の試験の結果
面接の結果待ち、そして文献集め
科目試験終了(三田)
仕事と面接と試験勉強
夏期スクーリングの成績が出た。
9/24-神奈川に戻る。
9/23-岐阜に。
ていうか、、、
試験勉強:東洋史
母校最寄り駅まで出てみた。
原稿の修正とphpの作業
原稿を書ききる → 編集部に送信 ..
原稿の作業、そして10月の試験の ..
9/6-取材。
そろそろ出かける。

過去ログ
[これまで書いた記事一覧]

2020年 1月
2019年 1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年 9月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 6月
2015年 3月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 2月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年 9月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月

高輪の作業場(通常版)へのリンク
※業務用ではない方の日記ページへのリンクです(^_^;)。

= 高輪の作業場(通常版)へ =
(2010年までの日記です)

当事務所のポータルサイト
お仕事概要などはこちらです。

= Creation Studio TWO-ONE =

 
今月の営業予定

2012年 1月13日

雲は流れ
あら楽し 思いははるる 身は捨つる 
浮世の月に かかる雲なし
(大石内蔵助)

18:38, Friday, Jan 13, 2012 ¦ 固定リンク


ヴィッツが戻る。
10日に講座が修了式を迎えた。
半年という時間は、時間として考えればもしかしたら長かったのかも知れない。でも、決して長いようには思えなかった。日々濃密で実に走り抜けるようだった。
受講生はもっとそうだろう。履修しなくてはならない事や制作関係で追われきっていた事だろう。でも、それぞれの頑張りは確実に各自の力となり、自信となっているはず。

しかしながら、あれだけ毎日あった講座が、急に無くなると変な感じ。
酷い時は朝4時頃に起きてその日の授業で使うプリント類(教材)を、前日の進行状況と受講生の分かり具合を考えながら書き、プリントアウトしては朝コピーして持って行く……という事をずっとしていた。何かの本のコピーでなく、ソースは流用したものもあったが、基本、すべて1から考えて書いたテキストゆえ、毎朝作るのも実は凄く疲れる作業ではあった。殆ど寝てなかった時もあったしね。
そんなふうに、ずっとかなり過密な生活をしていたので、講座がなくなった状態にまだうまく適応出来ないでいる。学校に行くために起きていた、プリントを作らないでいい時のいつもの時間(5:30)になると「はっ!学校の支度!」と焦って飛び起きてしまう自分がいる。
でも、元の状態に心身を戻していかなくては、ということで、今はある意味、リハビリ期間かも知れない。

ていうか疲れが出てるみたいで熱がまた上がって、昨日まで実質、ぐったりのびていた。
昨日は必要各所への連絡だけは出来て、それだけでも少し回復しているのかという気も。
と言いつつ、今日もまだ微熱みたいな。気温が寒いんでなく、変なぞくっとする寒さが終日まとわりついている。
身体に抵抗力がないのね。何度もぶり返している感じ。


今日、工場に入院していたヴィッツが戻って来た。
ここには書かなかったが、昨年11月に事故っていた。けが人もなく、酷い損傷でなかったのが幸いだった。しかし、ただでさえ上記のような状態を何ヶ月も続けていたため疲れがピークになりつつあった事と、保険会社やいろんなところからの凄い回数の電話と、授業中はそれらに出られない事を伝えてもなお、すぐに出ない事を非難されるような局面も何回もあり、気が全く休まらずひたすら疲れて心が内に向いていたように思う。
加えて、12月はじめに代車の期間が終わってバス通勤+そこから学校まで徒歩という状態になった訳だが、車だった時と違って、外の冷たい空気が高輪のウィークポイントである気管支を直撃していたようだ……程なく気管支炎的な発熱。学校も2日休んだ。年末もぐずぐずし、咳喘息に移行して今に至っている。
そんなこんなだった訳だが、ようやくヴィッツと久々に対面。なんだか長い道のりだった。冬タイヤに換えていなかったため、受け取ってから再度工場に行き、タイヤを交換して貰ってまた戻って来る(つまり2度、工場とうちを行き来した)事になるが、それでも、久々に走れてとてもすっきりした。
帰りはやはり、いつもの川べりを通って来た。
ポツポツと雨の落ちる中、川面はいつものように滔々と、冬枯れの色をした草たちが岸辺でカサカサと乾いた音をたてていた。
思わずすーっと息をする。

何だかずっと長い闇の中を走っていたような気がする。
重い夜が明けたような、そんな1日。
17:06, Friday, Jan 13, 2012 ¦ 固定リンク


 


ログイン
保存

最近のコメント

最近のトラックバック

携帯で読む
   URLを携帯に送る

※Read Only、プレーンテキストでの閲覧用です。
書き込み、コメントは出来ませんm(_ _)m。


本日   6
昨日   7
累計   21152

ブログCGI