2012年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最近の記事
[最近書いた記事の一覧です]

遅ればせながら。
面接。
圧迫骨折
謹賀新年。
年の瀬
10月の試験の結果
面接の結果待ち、そして文献集め
科目試験終了(三田)
仕事と面接と試験勉強
夏期スクーリングの成績が出た。
9/24-神奈川に戻る。
9/23-岐阜に。
ていうか、、、
試験勉強:東洋史
母校最寄り駅まで出てみた。
原稿の修正とphpの作業
原稿を書ききる → 編集部に送信 ..
原稿の作業、そして10月の試験の ..
9/6-取材。
そろそろ出かける。

過去ログ
[これまで書いた記事一覧]

2020年 1月
2019年 1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年 9月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 6月
2015年 3月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 2月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年 9月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月

高輪の作業場(通常版)へのリンク
※業務用ではない方の日記ページへのリンクです(^_^;)。

= 高輪の作業場(通常版)へ =
(2010年までの日記です)

当事務所のポータルサイト
お仕事概要などはこちらです。

= Creation Studio TWO-ONE =

 
今月の営業予定

2012年 1月22日

休む勇気
思いのほか、状態がかなりよくないかも知れない。
ともあれ、考えたら1年以上無理をし続けている。葬祭ライターをする前からずっと走りっぱなしだ。しかも、今ある私で出来得る無理というものの全てを、今回の講座で使い果たした感がある。おそらく全身を振り絞っても今は何も出ないくらい、ひとしずく残らず全部出し尽くした気がする。
心もまだあまり外向きになりきれてない気もする。講座が終わった時点でかなり精神的に消耗していたが、そこに意図せずちょっとした事が重なってさらに落ちたような。崖のぎりぎりで精一杯踏みとどまっていたのが、後ろからドンと強く押された感はある。……でも、何があっても、人を信じられなくなる程なら重症だろうけど、自分が人をおとしめるような事をしたり酷く傷つけたとかでないのなら、その上でもし自分が受けるべき痛みがあるなら受けるべきだし、自分が傷つくだけならどのように言われても耐えられると思えている分、まだもともとの心根は生きているのだと思う。

どのみち、すこし、心身を楽にする必要が、私にはあるようだ。

某作家さんだったか、多忙が積もり過ぎてストレスになってどうにも行き詰まった時、一度死んだ気になってみようと自身の葬式をしてもらったら生まれ変わった気持ちになれて仕事に専念出来るようになったと言われていた人がいたのを思い出した。荒療治ながら、なかなか言い得ているなと思った。
明日からしばらく、カレンダーは赤マーク。緊急の作業や定期的な更新作業、いつものお客様からのことなどはきちんとさせて頂くつもりなのだけど、新規に動いたり営業したりってのは先延ばし。……って作業するなら全然休みじゃないじゃん、って感じだけど、自分のなかで、はっきりと「今は休みなんだ」という意識になることこそが、今の私には大事みたいな気がするので。「『ずっとスタンバってないといけない状態』で、修正が発生したから作業をする」のでなく、「『ほんとは休み中なんだけど』作業をする」なら気持ちがまったく違うように思うので。その作家さんのような事は勿論出来ないが、こんな程度でも、長い間状況がら仕方なかったとはいえ自分を追い込んでしまい、「休む」事を悪い事のようにためらってずっとやって来ていた私には充分荒療治。そして、全く作業を請けないゼロの状態には出来ないし心情がらそうしにくい立場において出来る、唯一の打開策でもある。
「事実上休み」。だけど必要な作業はする。
願わくば、下呂のいつもの編集会議に復帰出来るくらいに回復出来れば。

18:13, Sunday, Jan 22, 2012 ¦ 固定リンク


 


ログイン
保存

最近のコメント

最近のトラックバック

携帯で読む
   URLを携帯に送る

※Read Only、プレーンテキストでの閲覧用です。
書き込み、コメントは出来ませんm(_ _)m。


本日   6
昨日   7
累計   21152

ブログCGI