2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事
[最近書いた記事の一覧です]

4月科目試験結果 : 放送英語R・ ..
ウィルス関連の参考文献、そして ..
英語 I レポート [第1回] → ..
Eスク英語史:第1回課題 提出完 ..
火傷:その後
ちまきに驚く
Eスク哲学:第1回課題 提出完了 ..
無言の催促
「A History of the English Lan ..
Eスク 哲学
火傷
今更ながら、Readingの別の楽しみ ..
英語 II レポート[第2回・完] ..
Eスクーリング開始。
英語 II レポート[第1回] → ..
「Gon, the fox」(ごんぎつね)
夏期スクーリング日本史の問題: ..

過去ログ
[これまで書いた記事一覧]

2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 6月
2015年 3月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 2月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年 9月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月

高輪の作業場(通常版)へのリンク
※業務用ではない方の日記ページへのリンクです(^_^;)。

= 高輪の作業場(通常版)へ =
(2010年までの日記です)

当事務所のポータルサイト
お仕事概要などはこちらです。

= Creation Studio TWO-ONE =

 
今月の営業予定



心地の良い晴れ。
きれいに晴れて、心地良い日。
午前中、某所への食料品の買い出しの行き帰り、車窓から眺める空があまりにも青く澄んでいたため、思わず藍川橋付近まで走ってみたくなったが、書かないといけない原稿がたまっている上に心臓もあんまし良くないので、やむなく帰宅(涙)。

こんな日は、長良川の川風を感じながら走ったら気持ちいいだろうになー。
寒くもなく、暖かすぎもない、ちょうど良い日。
だんだん春に向かっているのか。


前にも書いたが、高輪は藍川橋から眺められる河口方面の風景に妙に惹かれる。
美濃方面も良いのだが、全体的な景観というより、河口方面に連なる岩肌と地形、川の流れだ。
特に切り立った岩の表面の紋様と、それが織りなす地形があまりにも特徴的で、そこを通る度にまじまじと見てしまう。
ここの岩には、過去に起こった大規模な地形的な変化がきっと刻まれている。そして、川面をくぐり抜け底へと続く岩肌、そしてもっと地下には、さらなる痕跡が見られるはず。
様々な人が調べているはずだが、いつか自分の手で細かく調べてみたい気がする。

折しも少し前、「飛騨学の会」というのに入った。「飛騨についていろんな角度から取り上げ、楽しく学ぶ会」で、知っている地学の専門家がやっているので入ってみたら、趣味の会レベルではなく、ある意味『学会』レベルというか、、、年4回発行される会報は、どう見ても会員それぞれの研究の集大成を発表する「論文集」のようだった。
その会報に原稿を寄せている会員の中には、石や岩のことに詳しい人、考古学を極めている人などもあり、会合がある際には高輪が思う地形の謎について聞いてみようと思っている(もっとも、飛騨とは関係ないことかもだけど(^_^;))。

他方、その会には、高輪がいずれ卒業論文の研究テーマにしたいと思っていることと同じ分野をやっている岐阜県内の大学の先生もいた。
本来、他大学の先生よりも学内でそういう(同じテーマを研究する)教授を見つけないといけないのだが、どこからどういう縁につながるかわからないし、こうしたつながりをまずは大事にしようと思った。


BGM:「PRESENT FOR LOVERS」(アルバム)/松田博幸

これ、格闘技出版社に入るだいぶ前から、よく一緒にいた同級生がくれて、それで聴き始めたんだよな、確か。。。
実に20年以上全然聴いてなかったけど、最近、急に思い出して買ってみた。

当時の、大切な、いろいろな記憶が巡る。

今日は、そんなカンジの日。
15:50, Monday, Mar 12, 2018 ¦ 固定リンク ¦ 携帯

 


最近のコメント

最近のトラックバック

携帯で読む
   URLを携帯に送る

※Read Only、プレーンテキストでの閲覧用です。
書き込み、コメントは出来ませんm(_ _)m。


ブログCGI