2014年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  

最近の記事
[最近書いた記事の一覧です]

遅ればせながら。
面接。
圧迫骨折
謹賀新年。
年の瀬
10月の試験の結果
面接の結果待ち、そして文献集め
科目試験終了(三田)
仕事と面接と試験勉強
夏期スクーリングの成績が出た。
9/24-神奈川に戻る。
9/23-岐阜に。
ていうか、、、
試験勉強:東洋史
母校最寄り駅まで出てみた。
原稿の修正とphpの作業
原稿を書ききる → 編集部に送信 ..
原稿の作業、そして10月の試験の ..
9/6-取材。
そろそろ出かける。

過去ログ
[これまで書いた記事一覧]

2020年 1月
2019年 1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年 9月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 6月
2015年 3月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 2月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年 9月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月

高輪の作業場(通常版)へのリンク
※業務用ではない方の日記ページへのリンクです(^_^;)。

= 高輪の作業場(通常版)へ =
(2010年までの日記です)

当事務所のポータルサイト
お仕事概要などはこちらです。

= Creation Studio TWO-ONE =

 
今月の営業予定

2014年 2月2日

send-off
金曜夕方、上の人が、去って行かれた。
お昼前に打ち合わせ先から戻られてから、ご自身の私物を車に運んでおられるのを、視界の中でとらえていた。
一緒にやって来た人が、身辺を整理する光景は、あまり見たいものではないな。。。使えるものを残っている人間に託しながら、いろいろ、整頓されていく。そして、去った机は、何とも言いようのない感慨。

おそらく、こういう時、内心一番どきどきと動揺しているのは、いつも私かも知れない。
最初の頃から携わっている人間はもう高輪しかいないから、誰より自分がしっかりしなくてはと思うがゆえ、懸命に気丈にやってるところが大きいけど、本心、高輪はそんなに強くはない。なのに、そういう弱い自分を見せないようにと、人一倍頑張ろうとしてしまうから、心身が疲れてストレスになるんだろうけど(笑)。
それは何についても一緒か。
酷い鬱病のさなかだった時、心臓のこととか日々具合を悪くしがちなことは言っていたけど、もっと鬱病としての深刻な状態……吃音症状が出て苦しんでいたとか、号泣するようなパニック症状とか、生きていたくないと日に何度も思ったこと、そして結果として、その鬱病が悪化したために客先を失ったことなど、一番辛い部分の話(そして、そういう状態の時こそ、一番身近にいる人の精神的なヘルプが必要な時だった)を、その頃一緒にいた人に最後まで言わなかった。言っても良かったのかも知れない。相談しても良かったのかも知れない? でも、その人の気持ちの大きな負担になるのではと思い、言うことは出来なかった。それが良かったのかどうだったのかは、いまは分からないが。

この紙面に携わってから、思えば、ずっと、見送ってばかりだな。
その人の前任である最初の人が去った時、広告担当の人が辞めた時、そしてこの人。
でも、私は、今も、そこにいる。
不思議なものだ。

14:26, Sunday, Feb 02, 2014 ¦ 固定リンク


 


ログイン
保存

最近のコメント

最近のトラックバック

携帯で読む
   URLを携帯に送る

※Read Only、プレーンテキストでの閲覧用です。
書き込み、コメントは出来ませんm(_ _)m。


本日   0
昨日   3
累計   20002

ブログCGI