2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事
[最近書いた記事の一覧です]

遅ればせながら。
面接。
圧迫骨折
謹賀新年。
年の瀬
10月の試験の結果
面接の結果待ち、そして文献集め
科目試験終了(三田)
仕事と面接と試験勉強
夏期スクーリングの成績が出た。
9/24-神奈川に戻る。
9/23-岐阜に。
ていうか、、、
試験勉強:東洋史
母校最寄り駅まで出てみた。
原稿の修正とphpの作業
原稿を書ききる → 編集部に送信 ..
原稿の作業、そして10月の試験の ..
9/6-取材。
そろそろ出かける。

過去ログ
[これまで書いた記事一覧]

2020年 1月
2019年 1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年 9月
2018年 8月
2018年 7月
2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 6月
2015年 3月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 2月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年 9月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月

高輪の作業場(通常版)へのリンク
※業務用ではない方の日記ページへのリンクです(^_^;)。

= 高輪の作業場(通常版)へ =
(2010年までの日記です)

当事務所のポータルサイト
お仕事概要などはこちらです。

= Creation Studio TWO-ONE =

 
今月の営業予定

2016年 3月25日

新しい「編集長」のかたち
今日午前に行われた某紙面のいつもの編集会議で、高輪が4月から正式に編集長になることが新社長から伝えられた。

結局、編集長になることに決まったのだ。

ただし、ライターさんたちの集まる月末の編集会議と、
週1回月曜日の会議(2時間かそこら)、印刷に入れる前の全体チェック(赤入れ)には行くけど、それ以外ではほとんど出勤はしない。原稿などは住処で作業をする。

それにあたり、
経費のことや方々との連絡調整をするための総合的な責任者的役割を、高輪の上に新たにひとつ作ってもらった。そこに今社員として動いてくれているスタッフを置くことで、高輪はあくまでも紙面における記事・文章一切を統括し、紙面の方向性がぶれないように監督し取り仕切るだけの意味での「編集長」でいいことになるからだ。

「編集長=全部の責任者」
というあたまが誰にもあり、だからこそ『社員に戻れ』とか『何日以上必ず定期的に出勤しろ』とかいう話にもなってくるわけで、そうできない(&そうしたくない)高輪といつまでも平行線になってしまう。
そうなると、責任者という側面から、『今、内勤しているスタッフを編集長に』という話になってくるだろうが、それだと、当初の『高輪を編集長として戻したい』というもともとの話がおかしくなってくる。
万が一内勤スタッフを編集長に上げるにしても、該当者は「文章は全くだめだ」「書けないし直せない」ということなのだから、到底編集長になれようがないし、それは致命傷だ。しかし、いろんな人との間の連絡調整や経費のこと、事務的なこと、デザイン的なことはそつなく上手にこなせる人材なので、ならばお互いにできる部分を活かした組織体制にすればいいのでは、と高輪は考えた。
それが一番良い形であると判断し、提言、実際、そのように決まった。

常駐していない編集長というのは奇異かも知れないし、「普通ありえない」かも知れないが、
そういう違った『普通』を作ってしまえばいいと思っている。
そういう『普通』をやってのけ、それを当たり前にしてしまえばいい。
『うちではこうなんだ』
『うちのスタイルはこうなんだ』
それが定着してしまえばなんのことはない。
そのために、高輪のひとつ上の立場を置いたのだから。

ともあれ、
4月から少しだけ慌ただしくなるか。


高輪の事務所的に、Web制作の案件が立て込んでいる。この時季(3月末)だからというせいもあるだろうが。
ひとつは先様のご都合でUPが日延べになったので、少し助かった感があるかも。時間に余裕ができた分、デザインや構造を、もう少し詰めておける。
何度か飛騨地方にも出向かなくてはなるまい。
心臓に気をつけながら、1つ1つ、確実にやっていきたい。

14:50, Friday, Mar 25, 2016 ¦ 固定リンク


 


ログイン
保存

最近のコメント

最近のトラックバック

携帯で読む
   URLを携帯に送る

※Read Only、プレーンテキストでの閲覧用です。
書き込み、コメントは出来ませんm(_ _)m。


本日   3
昨日   3
累計   21439

ブログCGI