2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近の記事
[最近書いた記事の一覧です]

ウィルス関連の参考文献、そして ..
英語 I レポート [第1回] → ..
Eスク英語史:第1回課題 提出完 ..
火傷:その後
ちまきに驚く
Eスク哲学:第1回課題 提出完了 ..
無言の催促
「A History of the English Lan ..
Eスク 哲学
火傷
今更ながら、Readingの別の楽しみ ..
英語 II レポート[第2回・完] ..
Eスクーリング開始。
英語 II レポート[第1回] → ..
「Gon, the fox」(ごんぎつね)
夏期スクーリング日本史の問題: ..

過去ログ
[これまで書いた記事一覧]

2018年 5月
2018年 4月
2018年 3月
2018年 2月
2018年 1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年 9月
2017年 8月
2017年 7月
2017年 6月
2017年 5月
2017年 4月
2017年 3月
2017年 2月
2017年 1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年 9月
2016年 6月
2016年 5月
2016年 4月
2016年 3月
2016年 2月
2016年 1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年 9月
2015年 8月
2015年 6月
2015年 3月
2015年 1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年 8月
2014年 7月
2014年 6月
2014年 3月
2014年 2月
2014年 1月
2013年12月
2013年 5月
2013年 4月
2013年 2月
2012年 7月
2012年 6月
2012年 5月
2012年 4月
2012年 3月
2012年 1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年 9月
2011年 8月
2011年 7月
2011年 6月
2011年 5月
2011年 4月
2011年 3月
2011年 2月
2011年 1月
2010年11月
2010年10月
2010年 9月
2010年 8月
2010年 7月
2010年 6月
2010年 5月
2010年 4月
2010年 3月
2010年 2月
2010年 1月
2009年12月
2009年11月
2009年 9月
2009年 7月
2009年 6月
2009年 5月
2009年 3月
2009年 2月
2009年 1月
2008年12月
2008年11月
2008年 9月
2008年 8月
2008年 7月
2008年 6月
2008年 5月
2008年 4月
2008年 3月
2008年 2月
2008年 1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年 9月
2007年 8月
2007年 7月
2007年 6月
2007年 5月
2007年 4月
2007年 3月
2007年 2月
2007年 1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年 9月
2006年 8月
2006年 7月
2006年 6月
2006年 5月
2006年 4月
2006年 3月

高輪の作業場(通常版)へのリンク
※業務用ではない方の日記ページへのリンクです(^_^;)。

= 高輪の作業場(通常版)へ =
(2010年までの日記です)

当事務所のポータルサイト
お仕事概要などはこちらです。

= Creation Studio TWO-ONE =

 
今月の営業予定



地学の試験終了
13時過ぎに岐阜の住処に帰宅。


昨日(試験当日)の朝まで、弱いと思われる箇所を徹底的に調べ、まとめあげていた。
一通り全部やってみて、新生代白亜紀の気候の変動に関する部分、地球の炭素循環の仕組みが、いまいちすらすら説明出来ないことが自分で把握できたのと、特に再生資源と非再生資源の関係性のところが弱いことがわかったので、そのあたりを中心に、入念にさらっていた。

高輪的には、恒星の分類に関することと地殻変動、海底火山を含む地震のメカニズム、「深層循環」に関すること、プレートテクトニクス関連、地層が堆積した時代や年代の測定方法、「風化」に関することなどが出題されたらかなりラッキーな状態だった。
(つまり、そのへんがすごく得意なのだ)
それらのどれかが出ていますように、とちょっと祈りながら試験場に向かった。


しかるに、
やはり試験は侮れなかった。

1問目に、まさにノートにまとめておいたところが出題されたのは大変良かった。予めまとめておいたことに、さらに詳しく書き足すことで、その部分はかなり完璧になったと思う。
3問目も、実はほとんどやっていなかった内容なのだが、でも、ある程度は点を取れるだろうと思えるものだった。

だが、2問目。
「何じゃそら(?_?)??」
としか言えない、、、
おそらく、地学を受験した他の学生(他に10人ほどいた)も同じことを思ったに違いない。

予め大学から『ブログなどで、出題された問題の内容を書くな』というお達しが出ているので、詳しく書けないが、
どう資料を読み返しても、『おそらく、この部分を答えさせるための設問なのだろう』とは思うのだが、それを答えようとするなら、質問の仕方自体がちょっとおかしいんじゃないか?、というもので、、、
一応、求められているであろう名称は2つ書けたのだが、設問的に、名称は合っててもその詳細部分で減点になるのではと思われる。ていうか、その名称を書かせるなら、その詳細を書かせるのは無理があるんじゃないかと思うくらいのものだったので、万が一点を取れても2問目は半分くらいだろうと推測される。
逆に、正解はどういうものだったのか、大変気になる。
住処に帰ったら別の資料で調べてみたい。


そんなことで、
高輪の予想では取れていれば、70〜75点くらいだろうか。
採点配分がわからないのでなんともだが、万が一うまくすれば85点ちょっとはいけているかも知れない。。。
でもそれだと、B判定かA判定かが微妙だな。。。

というか、
B判定だったらもう1回受け直したいくらいなんだが、試験の受け直しってできるんだろうか。。。
(どうしてもA以上にしたい)


まあ、ともあれ、終わったことは終わった。


次の試験は4月。
その受験資格を得るためのレポート提出締め切りが、2月下旬。
英語を2つ受けることは現時点で確定しているので、他はできる限り、生物学と東洋史あたりをやってしまいたいところである。

また次の戦いに向けて、準備開始だ。
13:40, Monday, Jan 22, 2018 ¦ 固定リンク ¦ 携帯

 


最近のコメント

最近のトラックバック

携帯で読む
   URLを携帯に送る

※Read Only、プレーンテキストでの閲覧用です。
書き込み、コメントは出来ませんm(_ _)m。


ブログCGI